ヤフーと経営統合か──LINEの「暗号資産」取り組みを知る6本【仮想通貨】

ヤフーとLINEが経営統合を検討しているとのニュースが伝えられた。暗号資産分野にも大きな影響を及ぼす可能性がある。LINEを取り組みを知ることができる6本をまとめた。,2018年8月、戦略事業のさらに先にある未知の領域で、新たな挑戦を始めると発表。独自に開発したブロックチェーンを使ったトークンエコノミーを作るための「LINE Token Economy」構想だ。,「LINE」アプリが2011年にコミュケーションにおける「WOW」を多くの人に与えたように、LINE Token Economy構想は、ユーザーたちを魅了するエコシステム(生態系)へと変わっていくことができるのか?そして、それを実現させるための戦略とは何か?CoinDesk Japanは出澤氏に話を聞いた……
続きを読む(2019年 3月 11日公開)。,モバイル決済プレイヤーが国内で乱立する中、LINE PayとメルペイはQRコード決済で提携を結んだ。今回の合意により、二社は加盟店を相互開放し、それぞれのユーザーが利用できるようにする。3月27日の発表文によると、LINE Payとメルペイは今後さらに加盟店アライアンスを広げていく……
続きを読む(2019年 3月 27日公開)。,未来の野村を形作る時、約8100万人のアクティブユーザーを抱える国内プラットフォーマーのLINEとの協業と、暗号資産・ブロックチェーン領域における取り組みは重要な一部分になるだろう。LINE証券は野村が49%、LINE Financialが51%を出資して設立された。国内企業100社の株式を、1株150円から平均3000円で購入できるサービスを今秋から始める……
続きを読む(2019年 8月 5日公開)。,LINEがグループ会社のLVCを通じて申請していた仮想通貨交換業者の登録が、金融庁によって認可された。楽天とYahoo! JAPANがそれぞれの関連企業を介して仮想通貨の取引所事業を進める中、金融事業の拡大を進める大手IT企業のLINEが新たに市場に加わる。,LINEは2018年8月、独自に開発したブロックチェーンを利用したトークンエコノミーを作るための「LINE Token Economy」構想を発表している……
続きを読む(2019年 9月 6日公開)。,9月に日本の仮想通貨(暗号資産)市場に本格参入したLINE。同社でフィンテックやブロックチェーン事業の責任者を務める高永受(Youngsu Ko)氏が10月2日、東京・目黒で開かれたカンファレンス「b.tokyo 2019」に登壇し、LINEのブロックチェーン戦略を語った。,独自のブロックチェーンプラットフォーム「LINK Chain」を中心に、決済や送金といった仮想通貨の機能にとどまらず、著作権管理や個人情報の管理などにもブロックチェーンを活用していく考えだ……
続きを読む(2019年 10月 4日公開),LINEのグループ会社で仮想通貨事業を展開するLVCは9月17日、仮想通貨取引所「BITMAX」の提供を開始した。LINEグループは既に、日米を除くグローバルで展開している仮想通貨取引所BITBOXを運営していたが、ついに日本国内でも仮想通貨事業に参入したことになる。,LINE Payで本人確認を済ませていれば、BITMAXでの本人確認手続きを短縮できる。銀行口座だけではなく、LINE Payからの入金も可能だ……
続きを読む(2019年 9月 17日 公開)。,文:CoinDesk Japan編集部

編集:濱田 優

写真:多田圭佑、小島寛明、各社提供・リリースより,ヤフーと経営統合か──LINEの「暗号資産」取り組みを知る6本【仮想通貨】 写真:
多田圭佑

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/5193

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com