トルコが「デジタル・リラ」の発行に着手 2020年までに試用運転予定

トルコは現在、ブロックチェーンベースのデジタル通貨の発行に取り組んでいる。
トルコ唯一のオフィシャルジャーナルであり、新たな法律や公式発表などについて報道を行なっているResmi Gazete紙は、2020年末までにトルコが「デジタル・リラ」のパイロットを実施・完了する予定と報道。
デジタルリラはトルコ経済の強化を目的に、同国の中央銀行によって発行される予定だ。「我々のゴールは、強力な制度構造を持つ新たな金融セクターを確立し、以下の3つの目的を達成することだ。その3つとは、既存の経済セクターの資金需要に低コストで対応すること、信頼できる機関を通じて幅広い投資家にさまざまな金融商品を提供すること、さらにイスタンブールを魅力的なグローバル金融センターにするという目標をサポートすることだ。」と文書では綴られている。
国家デジタル通貨に関する動きは世界各国で広がっている。例えば中国は、5年間の研究開発を経て、近い将来にデジタル通貨をローンチする予定をしている。ドイツでは、200を超えるドイツの民間銀行で組織された協会がデジタルユーロの発行を要求した。また、米国連邦準備制度では、小売決済にデジタル通貨を統合する方法についてリサーチを進めている事例も。
関連:米国もデジタル通貨に本腰かー米連銀、仮想通貨研究の担当マネージャーを募集
関連:中国人民銀行、デジタル人民元の発行を正式に示唆
関連:大手仮想通貨取引所Huobi Global、トルコリラでテザーの購入が可能に シリア情勢悪化するトルコに新たな動き

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com