「グーグルの実験は本格的な量子コンピューターにはほど遠い」イーサリアムのVitalik氏らが指摘

イーサリアム共同設立者Vitalik Buterin氏は、グーグルが量子優位性を達成したというニュースについてSNSでコメントした。実現する影響力をもたらすまで「程遠い」としている。
Vitalikのコメントの主旨は、以下の内容となる。
なおイーサリアム開発者達は、量子コンピューターについての対策も計画しており、「
量子耐性については3〜5年の間に実装予定」だとしている。
ここ数日各社の報道によると、グーグル社は自社開発の量子チップを使用して実施した実験において、「スーパーコンピューターでも1万年掛かるような計算をわずか200秒で完了した」と掲げた。「量子コンピューター」については、以前から仮想通貨業界でも「秘密鍵」を公開情報から解読できてしまう可能性があるとして話題に上ることもあった。
関連:米グーグル、量子コンピューターで「量子超越性」を実証
しかし、Vitalik氏が発言したように、まだ実用段階には遠いと考える論者が多い。今年9月の時点で、暗号学者Peter Todd氏が「グーグルの量子コンピューターですらまだまだ未完成であり、直ちにビットコインなどの仮想通貨への影響はないとした。今後どのようにスケールアップされるかはわからないが、少なくとも『量子ビット』を追加するには、『天文学的なコスト』がかかるため、現実的ではない」と分析していた。
また、仮想通貨についての知識提供等を行う著名人アンドレアス・アントノプロス氏も、10月初旬にYouTubeにアップロードされた動画で、グーグルの証明する量子超越性は、ビットコインに脅威とはならないと話していた。
「グーグルが説明した量子優位性は、特定のクラスの問題に対する量子コンピューターの実用的な適用性を実証している。しかし、
これらのクラスの問題は、暗号解読を行うクラスとは異なる」とアントノプロス氏は指摘する。
また、グーグルの量子計算技術は、一部の仮想通貨を支えるPoSコンセンサスアルゴリズムを強化できる大きな助けになり得ると主張する専門家もいる。
テキサス大学オースティン校の量子理論学者スコット・アーロンソン氏は、以下のように論じている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/4231

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com