Bakkt 先物取引を基にしたビットコイン(BTC)オプション商品開始へ

ICEの仮想通貨子会社Bakktは、BTC先物取引を基にしたビットコインオプション取引のサービスを、
12月9日から開始すると発表した。ICE Futures U.Sに上場する予定だ。
Bakktは、
ビットコイン先物取引を基にした規制準拠のビットコインオプション取引は業界初と説明。自社で提供している「月間契約」をオプションのベンチマークとする。
本取引で投資家は、
オプション取引の期日に、先物契約で事前に決められた価格で売買する権利を得ることができる。
なお、現在提供中の現物決済BTC先物と同様に、現金または現物ビットコインで決済(セトルメント)する選択肢がある。
The Blockの「Daily」は今月初め、BakktにBTCオプション取引を提供する計画があることを初めて報じている。
BakktのCEOを務めるKelly Loeffler氏によれば、今回発表した新しい商品は顧客の需要から生まれたという。利益を得ることはもちろん、リスクヘッジやビットコインへの投資手段、コストや資本の効率化に利用できるように考案されていると語った。また「Bakktのビットコインオプション取引は、機関投資家や、さらにその個人投資家に向けた商品開発の重要な一歩である」と語った。
Bakkt以外でも、DeribitやLedgerXはすでにビットコインオプション取引を提供しているが、Bakktの商品とは異なる現物市場に準じたオプション商品だ。なお、大手CMEは来年Q1にもBTCオプションを提供するとしている。
関連:「ビットコインオプション取引はアジアの投資家やマイナーに期待」米CME責任者が発言
Bakkt月間契約
CFTC宛ての手紙 によると、Bakktはビットコインの月間契約先物の取引を促進するために、マーケットメーカープログラムを11月6日より開始する。
Bakktが提供するビットコイン先物の日足の出来高が、23〜24日(1日)に計579 BTCを記録し、過去最高値(ATH)となった。この記録は前9日間の出来高の合計を超えている。
この出来高のATH(過去最高)は、23日夜BTCが主導した相場急落に際して発生した取引活動と見られる。
関連:BakktのBTC先物出来高が過去最高に

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com