金融大手フィデリティ、仮想通貨サービスを全面展開へ

フィデリティ・デジタル・アセット・サービス(Fidelity Digital Asset Services:FDAS)は、カストディ・サービスおよびトレーディング・サービスを最終段階の限定トライアル・ユーザーから拡大して「現在、全面展開中」だ。フィナンシャル・タイムズが伝えた。,同事業は当初、
2019年第1四半期にスタートすると見られていた。,フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)のCEO、アビゲイル・ジョンソン(Abigail Johnson)氏との
インタビューで、フィナンシャル・タイムズは次のように記した。,CoinDeskは2019年2月、同社の仮想通貨カストディ・サービスおよびトレーディング・サービスのプラットフォームは、ヘッジファンド、超富裕層を対象にするファミリーオフィス、ファイナンシャル・アドバイザーなどの
限られたメンバーを対象にテスト中と伝えた。,2兆8000億ドルの資産を運用する同社は、伝統的な金融機関の中では先陣を切ってデジタル資産カストディ・サービスを提供。同業他社はまだ仮想通貨業界がいかにして形成されるか、様子見をしている。,同様のサービスを提供するプラットフォームは複数あるが、フィデリティの巨大な顧客基盤とネットワークは明らかなメリットとジョンソン氏は述べた。,例えば、コインベース(Coinbase)は「まだほとんどの人にとっては聞いたことのない企業であり、フィナンシャル・アドバイザーたちと何の関係も持っていない」と同氏はフィナンシャル・タイムズに語った。,コインベースは、数十億ドル規模のデジタル資産を取り扱っており、ニューヨーク州金融サービス局の承認を得て、2018年10月、第三者向けのカストディ・サービスをローンチしている。,翻訳:CoinDesk Japan編集部

編集:増田隆幸

写真:Image from Consensus 2017 via CoinDesk Archive

原文:
Fidelity Digital Assets Opens to All Qualified Investors,

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com