欧州中央銀行、リブラに対して「迅速なアクション」の必要性を指摘 |禁止以外の方向性模索

欧州中央銀行理事Benoit Coeure氏は、フェイスブック社が開発中のLibra(リブラ)に備え、金融機関は迅速なアクションをとる必要があるとの見解をが示した。

同氏は現地時間7日、フランス南部の都市エクス=アン=プロヴァンスにてブルームバーグに対してその旨を明かした

発言の中で、同氏はフェイスブック社が開発中の金融サービスに関して「危険すぎる」とし、次のように危機感を示している。

我々(規制当局)は、今まで以上により迅速に(フェイスブック社の動向に対して)対応する必要がある。

リブラに関しては、各国規制当局において度々波紋を呼んできた。英国では3人の規制当局関係者がこの問題に関して最適解を模索している。その1人Mark Carney氏は、英国銀行の対応を「マインドはオープンだが、ドアはオープンではない」とその慎重な姿勢をあらわにしている。

さらに米国では先週、リブラの展開およびそれがもたらすプライバシー侵害を不安視する計33の米政治・圧力団体が、国会の複数の委員会理事長に対しプロジェクト中止を請願したことが話題になった

そのような動きに対して、Libraの創始者の1人であるDavid Marcus氏が、議会からの質問に対して「Libraの恩恵を受けるために、フェイスブックを信用する必要はない」との回答を発表している

Coeure氏としては、同社のプロジェクトの中止を要求するというよりも、このような金融サービスに対しては、「現在の金融規制におけるギャップを顕在化させ」、銀行ビジネスの適応の遅さに警鐘を鳴らしてくれているとの立場を示す。

このようなプロジェクトはすべて、規制当局や公的機関にとっては非常に有用な目覚まし(Wake-up call)だ。彼らは、我々に数多くの質問を想起させ、我々の対応方法を良い方向に導いてくれる可能性がある。

リブラに関しては一定の懸念があることは否めない一方で、今回の同氏の発言は、それを禁止するという動きではなく、いかに規制を迅速に適応させていくか、という点が強調されており、欧州中央銀行の今後の対応そのものに注目が集まる。

ソース : https://coinpost.jp/?p=94312

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/370

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com