ビットコイン(BTC)は上昇一服、Bakkt先物に大きな変化

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がバランスシート拡大再開を表明したことなど、追い風の吹くビットコイン(BTC)市場であるが、直近の個別材料では長短まちまちだ。
バイナンスの中国向け仮想通貨OTCにおける決済プロセスで、AlipayとWeChatPayが使えることをCZ氏が示唆していたが、これを受け、当該2社は「中国政府の意向と反する」として、否定する公文書を公開した。バイナンスのCZ氏は、「直接提携しているものではなく、利用者がP2Pの決済で利用できるだけだ」と補足している。
中国事情通の仮想通貨ファンドマネージャーDovey Wan氏は、今回行われた2社の声明文がバイナンスOTCにおける発表で世界的に話題が広がったことに起因すると指摘。仮想通貨市場への中華マネー流入については、当局の意向と相反するため、やはり一筋縄ではいかないようだ。
米デジタル資産銀行Galaxy Digital社の取引戦略部門責任者のJosh Lim氏は、新興市場での取引量増加が大きく影響していると次のように述べている。
「仮想通貨市場における需要は、回復の兆しを見せている。多くのバイヤーは新興市場経済から出てきていると聞く。南アメリカから関心が寄せられているのは確かだ。世界には、大きな不安を抱える地域もある。」
アルト市場に牽引されるようにして上昇したビットコイン(BTC)は11日現在、8600〜8700ドルの直近高値付近にある抵抗帯に阻まれている。
上値が重くなりつつあるものの、ここ最近の相場のように、日本時間深夜〜明朝にかけて直ぐに大きな反落するような値動きは見せていない。日足200日移動平均線が8650ドルにあり、200MAに抑えられて下落していくのか、200MA上これを下値支持線に変えられるかどうかで、今後の目線にも影響が生じる。
上放れできれば重要ラインの9000〜9300ドルが見えてくるが、4hRSIに若干過熱感も。手掛かりを欠いたまま急騰した場合は絶好の売りポイントに捉えられかねず、背中を押すような材料の後押しが欲しいところか。
仮想通貨投資学習プラットフォームBlockrootsの共同設立者のJosh Rager氏は、ビットコインは堅実な値動きをしているが、「安心するのはまだ早い」と主張し、相場の勢いを保つには、「8750ドルを上回る終値を維持すること」が必須であると述べている。
また、仮想通貨投資管理会社Altonomyの共同設立者、Ricky Li氏は、2019年内は9000ドルのレジスタンスラインを突破しない限り、レンジ相場が続くと予想。以下のように述べた。
なお、Bakktの出来高を追跡する「Bakkt Volume Bot」によれば、9日の相場大幅反発を受け出来高が急増、過去最高出来高を記録した。
取引開始した9月23日以降、失望されていたBakktビットコイン先物であるが、市況の影響が大きく、相場がリスクオンに傾いた場合の潜在需要とそのポテンシャルを市場に示した格好だ。

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com