「楽天の目標は、日本国内での日常的な仮想通貨決済」楽天ウォレット 山田社長

国内仮想通貨取引所「楽天ウォレット」の代表取締役 山田達也社長は、シンガポールで開催中の大型業界カンファレンスInvest:Asiaにて、「楽天の目標は、日本国内で日常的な”仮想通貨決済”を可能にすること」と抱負を述べた。,同社長は、「楽天フィンテック」は楽天グループの最も有力な事業の1つと説明。将来的には、楽天ペイなどのキャッシュレス領域との連携や、国内最大級の巨大経済圏を有するインターネット・ショッピングモールの「楽天市場」を含む、eコマース事業での活用も視野に入れたものだと考えられる。,楽天ウォレットは、8月19日より仮想通貨の現物取引サービスを開始している。,参考:Coindesk報道,
画像はShutterstockのライセンス許諾により使用,

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/2251

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com