夏枯れ相場のビットコイン(BTC)、海外著名アナリストは8000ドル台までの落下を警戒|仮想通貨市況

米トランプ大統領が、中国への関税発動を10月1日から10月15日に延期すると発表したことで、日経平均株価は7日続伸、ドル円も107円台後半まで回復した。香港でもでも政府が一部譲歩したほか、米中貿易摩擦では10月に閣僚級交渉が控えていることも市場の懸念を和らげた。,日本時間明日、13日に本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止することを受け、サンフランシスコを拠点とする「Binance.US」が、9月18日午前8時からアカウント登録および「仮想通貨の入金受付」を開始する。「ビットライセンス」規制の都合上、米ニューヨーク在住者は対象外となるが、世界最大の仮想通貨取引所が、米国に進出する影響は決して小さくない。,サービス停止における米国マネーの流入減や出来高減少が危惧されるアルト市場において、その影響が注視されている。,サポートするのは、以下の6銘柄だ。,バイナンス関連では、9日にオープンしたばかりのバイナンスの仮想通貨先物取引が、招待客への限定公開でありながら、早くもBTC/USDTの24時間出来高が1億5000万ドルを突破したことが判明している。,ビットコイン(BTC)は、1万ドルから反発を見せた。12日11時現在、bitFlyer109万円、BitMEX10100ドル台で推移している。,下降ウェッジ上抜けで4hMACDがゴールデンクロスすれば、8月中旬と8月末のような大幅続伸(短期トレンド転換)も見られるかもしれない。(下図:bitFlyer),一方、ディセンディングトライアングル上限が下がり続けており、約3ヶ月に渡ってレンジを狭め、収束点に向かいつつある。(下図:BitMEX),4h雲の覆いかぶさる10200ドル(110万円)台は売りの強い価格帯であり、リバウンド挟みつつ急落を繰り返す直近の相場から脱却する術は、現時点では見つかっていない。,なお、7月の仮想通貨相場の乱高下を経て、8月の夏枯れ相場では、仮想通貨取引所GMOコインやTAOTAOの売買代金が前月比で大幅減少していることも明かされている。(「GMOフィナンシャルHDの開示速報」),なお、海外人気アナリストJosh Rager氏は、最新のチャート分析(11日)で最新の相場観について解説した。,朝5時ごろの相場:日足でみると、過去3回機能したサポートエリア=9375ドル〜9620ドルから回復し、20日平均線を上回った状態に戻っている。なお、月足レジスタンスを10,775ドルと設定している。,Rager氏は、「今後数日のうちに”買い圧力”が見られない場合、先日の9,000ドル台の支持線を再び試すことになるだろう。もし9,300ドル台を明確に割り込めば、8,000ドル台まで落下する可能性も考えられる」と見ている。,

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/2239

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com