ETFとして話題になったVanEckのビットコイン投信商品、開始4日で投資額はわずか4BTCに

米時間9月5日より提供を開始したVanEck社の「ビットコイン投資信託」の投資金は、開始から4日目時点で計41,400ドル(444万円)=4BTCに留まっていることがわかった。開始から数日といえど、機関投資家向けの商品としては極めて低い投資金額となる。,VanEck社がSolidX社と共同で提供するビットコイン投資信託「VanEck SolidX Bitcoin Trust 144A Shares(通称144A Shares)」は、9月4日に米国証券取引委員会(SEC)の「規則144A」に準じて登録免除のプロセスを利用して提供を開始した投資商品で、一時ビットコインETFの認可と騒がれたものである。,この144A Sharesの提供は、私募証券の販売として適格機関投資家に限定して提供されている。現在人気を博す米仮想通貨投資ファンドグレースケール社のビットコイン投信「GBTC」に類似したものであることからも、機関投資家の資金流入に期待感が高まっていたが、現時点ではそれほどの反響には至っていないようだ。,2013年より開始したグレースケールのGBTCの資産運用額は、2019年Q2に公開された最新の報告書で、週平均4900万ドルに相当することがわかっている。GBTCは2013年より始まったものであり、年月を経てクライアントを獲得してきた一面もあるが、GBTCへの機関投資資産額はQ1より53%ほど増加しており、機関投資家からの投資商品への関心度が一概に低下しているわけではない。,GBTCは業界第一号として大きな機関投資家シェアを獲得し今も高いプレミアム(価格乖離)で取引されている。,仮想通貨・経済分析家Alex Kruger氏はSNS上で、144A Sharesが3日経てわずか4ビットコイン(1 バスケット)しか買われていないことについて、「非常に少ない」とコメントした。,もちろん、開始したばかりで現在のビットコイン相場も冴えていない状況であるため、ビットコインの相場感が変われば、今後シェア数が増えていく可能性も考えられる。,4日に発表された時点では、144A Sharesが「限定的なビットコインETF」として複数メディアに取り上げられたが、法律専門家・ETF専門家などは、昨年より申請が行われている本物のビットコインETFとは異なるものであるとの見解で一致している。,業界に精通する著名業界弁護士Jake Chervinsky氏は、性質と特徴を踏まえてETFではないと指摘。ETFとは米SECに承認された上で、主要取引所に上場、個人投資家と機関投資家も同時に参加できるメリットを持つ。,一方、144A SharesはGBTCのほうにOTC形式で取引が行われる。適格機関投資家に限定するため、厳格に規制されている投資商品としての市場標準の確立や、投資家保護などの恩恵がもたらされないと説明した。,ETFとして一時話題になった同商品だが、突然の発表に認知が進んでいない可能性もある。,144A SharesもGBTCと同様にクライアントがビットコインの保管を自らせずに投資できるメリットがあり、ナスダックにも提供を行なっている信頼できるビットコインインデックスを基準とした商品でもあることから、今後の資産額の増加には期待したい。参考:VanEck

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com