米リップル社とコインベース、LinkedIn「米国のTOPスタートアップ企業10社」から転落

世界最大級のビジネスSNSであるLinkedIn(リンクトイン)が「米国のトップ・スタートアップ企業50社」リストの2019年版を発表した。,これはアメリカ人が最も働きたい企業をランキング形式で発表するものであり、ベンチャー企業における業種ごとの勢いを示唆している。,50位以内には、仮想通貨のスタートアップとして、リップルとコインベースがランクインしたものの、昨年からは大きく順位を下げた格好だ。
前年度3位だったコインベースは29位に後退、同7位だったリップルは28位に転落した。,このランキングは、LinkedInが6億4500万人のユーザーが行った、数十億のアクションを独自に解析して引き出したものであり、中でも「従業員数の増加」「求職者の関心」「企業とユーザーのやり取りの活発さ」「Linkedinを通した採用活動」の4つのパラメーターに重きをおいていた。測定の対象となる期間は、2018年7月1日から2019年6月30日だった。,対象企業は、LinkedIn上でカンパニーページを開設している非上場企業で、リストアップ条件としては、米国に50人以上の従業員を置く、設立7年以下の非上場企業で、人材派遣会社やNPO、政府事業などは除いたものになる。,コインベースとリップルは共に2012年に設立されているため、2020年には「スタートアップ企業」の条件からは外れることになり、今年が同ランキングに掲載される資格を持つ最後の年となりそうだ。,2017年の「米国のトップ・スタートアップ企業50社」リストでは、まだコインベースとリップルの両社とも取り上げられていなかったので、2018年、2019年の2年間ランキング入りしたことになる。,他に、仮想通貨の関連企業としては、7位に株式取引アプリのRobinhoodが、49位にCoinbaseのアプリを動かすソフトウェアを開発しているPlaidがランクインした。ただし、Robinhoodは仮想通貨の売買機能を提供しているものの、どちらかといえば伝統的な金融サービス会社であり、Plaidもソフトウェア開発企業である。,純粋なブロックチェーンや仮想通貨のスタートアップで、ランキングに入ったのは、米リップルとコインベースのみという結果となった。,仮想通貨が弱気相場だった2018年の方が、市場回復がみられた2019年よりも、Linkedin上で注目されていたことはパラドックスにも見える。ただLinkedinは主に採用・求職活動が行われるプラットフォームであるため、両社の
業績と直接結びつくわけではない。,コインベースは、同Linkedinが今年発表した求職者に人気の米国企業ランキングでは、Twitter(36位)など有名企業を抑えて35位にランクインしている。,仮想通貨関連企業を見れば、昨年はイーサリアムのブロックチェーンを活用したソフトウェア会社ConsenSysが26位にランクインしていたが、今年はRobinhoodとPlaidの2社がランキングに登場し、関連企業でもまだスタートアップ活動が行われている最中であることを示唆している。,なお、日本の2019年版Linkedin「トップ・スタートアップ企業50社」では、2位にビットフライヤー、9位にQUOINEと仮想通貨の取引所を運営する会社がトップ10入りしている。

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com