フェイスブックの独自仮想通貨、決済最大手のVISA、マスターカードなどが出資へ|WSJが報道

米フェイスブックが発行する独自仮想通貨「グローバルコイン」に対し、決済大手企業Visa、Mastercard、Paypalと、米ウーバーテクノロジー社が支援に名乗りを上げていることが、ウォールストリートジャーナルの報道で明らかになった。

この4社はフェイスブックに対し、今回それぞれが約110億円(1億ドル)の援助を行う。フェイスブックはこの援助で得た金額は全て独自の仮想通貨であるグローバルコインの発行に活用するという。知名度のある大企業の援助は大きなバックアップとなるだろう。

グローバルコインは法定通貨にペッグされたステーブルコインではあるが、その対象が米ドルだけではなく複数の法定通貨になると報道されるなど、まだ明らかになっていない部分も多いが、その概要が記述されたホワイトペーパーの発表が、現地時間の6月18日に迫っている。

世界有数のSNSサービスであるFacebookやInstagram、人気メッセージアプリであるWhatsAppなどで決済手段としての利用が示唆されているグローバルコイン。今後、どのような大企業のサービス内容と連携するのか高い注目が集まっている。

ソース : https://coinpost.jp/?p=89333

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/179

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com