前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

Coinbaseが提供を開始した投資データから、先日のビットコイン価格下落時にトップ10%の大口投資家の多くが「購入」していたことが判明した。

クジラはビットコインを「押し目買い」の傾向

米大手取引所Coinbaseが新たに公開した3つのトレードシグナルから、先日のビットコイン価格下落の中で大量のビットコイン保有者の多くが「買い」でポジションをとっていたことがわかった。

米Coinbaseは、『仮想通貨投資家に質の高いトレードを』とのスローガンを掲げ、仮想通貨保有量がトップの投資家の動向や、ユーザーが売却や送金をするまでの仮想通貨の保有期間などの動向データの公開を行なっている。

新シグナルの1つ「トップホルダー・アクティビティ(トップ投資家の動向)」にて、Coinbaseのビットコイン保有量がトップ10%にあたるユーザーの内67%が、先日の下落相場の中で「買い」でポジションをとっていたことを示していたとアナリストのLarry Cermak氏が指摘した。

ビットコイン価格は1万ドルを割る急落を記録したが、日本円建て100万円付近で急反発して価格を復調させていた。

データプラットフォーム「Alternative.me」が提供する「恐怖と欲望指数」でも、ビットコインが30万円付近まで下落した2018年12月と同水準に当たる「極端な恐怖」まで市場のセンチメントが低下しており、投資家心理が底をついた可能性を示唆していた。

なお、同指数はビットコインが急ピッチな高騰で150万円の値をつけたタイミングで、「高い欲望」を示す95に達しており、相場の反落ポイントを示している。

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘
出典 : Alternative.me

このシグナルは、Coinbaseの特定の仮想通貨の最大保有者を分析し、過去24時間にポジションを売買したユーザーの数を明らかにするものだ。

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

Coinbaseのシグナルの利用方法

上述のもののほかにも、新たなシグナルとして「Typical hold time(ユーザーが売却や送金をするまでの仮想通貨の保有期間)」と「Popularity on Coinbase(人気仮想通貨動向)」の2つが公開されている。また、各価格の相関性のデータも提供も開始した。

現時点で、Coinbaseが日本居住者からの取引を許可していないため、アカウント保有者になるためのハードルが高く、日本人の多くは同指数の利用ができない状況にある。Coinbaseは日本のライセンス取得に動いていることがわかっているため、その動向次第ということになりそうだ。

「Typical hold time(ユーザーが売却や送金をするまでの仮想通貨の保有期間)」は、ユーザーが資産を売却あるいは他のウォレットへ送金するまでの日数の平均を示すもの。

「Popularity on Coinbase(人気仮想通貨動向)」は、何人のユーザーがどの通貨を保有しているのかをランク付けして可視化する。24時間で更新されるため、そのタイミングでどの通貨が買われているか、現物として保有している通貨の動向を把握することができる。

今回データの参考例にあがった、トップ投資家の動向も、これまでの漠然としたいた状況ではなく、通貨残高を可視化するため、予期せぬ通貨変動時の投資家の動向を把握できるとして、米国では大きく話題になっている。

各指数の更新タイミングは異なるが、投資に利用できるとして、短いスパンでの情報更新が行われている。

この記事のソースはCOINPOST

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com