韓国と他国の仮想通貨価格差が減少、「キムチプレミアム」は影を潜める

韓国内で仮想通貨価格が高騰する現象が最近見られなくなった。最大で54.48%あったという価格差が減少している背景には、法定通貨ウォンの下落などの要因があるとみられる。

韓国の仮想通貨人気が減少か

直近では、他国比較で韓国内で仮想通貨価格乖離が発生する「キムチプレミアム」と呼ばれる現象が見られなくなっている。米国の仮想通貨取引所と比較しても、価格の差がなくなった。

カナダのカルガリー大学の研究によれば、2016年1月から2018年2月の期間、ビットコインの価格が韓国では米国よりも平均4.73%ほど高かった。他国の市場との差が、ピーク時で54.48%まで広がったこともある。

韓国で仮想通貨の価格が低下している現象は、地元紙も報じた。同紙は、ビットコインの価格を比較し、韓国の仮想通貨取引所よりも、米国市場の方が2.15%高いと伝えている。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインでも同様の価格差が見られたという。

ブロックチェーン調査機関DataLightが今年の4月に発表したレポートによると、仮想通貨トレーダー数で韓国は、米国と日本に次いで3位に位置していた。人口とトレーダー数を対比した場合、およそ10人に1人が仮想通貨取引を行っていることが分かっている。以前は韓国で仮想通貨に対する関心が高かったことは、数字でも証明されていた。

価格差減少の背景

この現象にはいくつかの要因が考えられる。

まずは、韓国の法定通貨ウォンの下落だ。上記の地元紙もウォン相場を要因に挙げている。8月に入り、中国の人民元安が注目されているが、韓国でも同様の状態だ。日本政府と韓国の関係悪化もこの問題に拍車をかけている。

他に考えられる要因は、韓国の規制強化だ。今月、韓国金融情報分析院が、韓国内の仮想通貨取引所を管轄下に置き、管理体制を整える方針を発表した。韓国政府は、金融活動作業部会(FATF)のガイダンスに沿い、ライセンス制度の導入を予定している。規制の厳格化も韓国のトレーダーの取引減少に影響を与えているとみられる。

この記事のソースはCOINPOST

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com