速報

2019-11-15 • 星期四
02:30

匿名集団がプライバシー保護を推進する企業らに7500万ドル寄付へ

「Unknown Fund」を名乗る匿名の団体が、個人データの保護・オンラインの匿名化ツール・暗号通貨・ブロックチェーン上のプライバシーの保護の4分野に取り組むスタートアップなどに対して合計7500万ドル相当の
Bitcoinを寄付することを発表した。
参照元

02:30

仮想通貨デビットカードのcrypto.com、取引所開設へ

仮想通貨デビットカードを発行しているcrypto.comは、100万人以上いるとされるデビットカードのユーザーを主にターゲットとした取引所を開設すると発表した。同社のCEOは5年以内にトップ10の取引所になることを目標としていると語った。
参照元

02:30

スイス証券取引所、TezosベースのETPをリストアップ

スイスの大手証券取引所SIXはTezosベースのETFをリストアップしたことを発表した。AXTZというティッカーで上場しており、Tezosでのステーキングに当たる「ベーキング」で得られた利益に相当する額を利子として配当するという。
参照元

今天 • 2019-11-14 • 星期四
23:24

Power Ledger、印でエネルギーのP2P取引参入

オーストラリアのブロックチェーン・エネルギー会社Power Ledgerが、インドの電力供給会社BRPLが提携し、同国でブロックチェーンによる太陽光発電のP2P取引事業に参入することが明らかになった。既にデリー南西部にて試験的に運用しており、提携に伴ってこの試験運用を延長するという。
参照元

23:24

OKEx、USDTマージン先物の取り扱いを開始

仮想通貨取引所OKExが、USDT(Tether)マージンの先物取引の取り扱いを開始したと発表した。11月5日より始まった試験的運用が成功し、11月14日よりBTC(
Bitcoin)/USDTの先物取引が開始されたという。EOS、ETH、LTC、BCH、XRP、ETC、TRX、BSVとのペアでの提供は、今後開始予定。
参照元

23:24

John McAfee氏の仮想通貨WHACKDが開始へ

仮想通貨を推進するJohn McAfee氏による新たな仮想通貨WHACKDの運用が金曜日にも開始されることが明らかになった。同通貨の正式名称は”Epstein Didn’t Kill Himself(エプスティーン氏は自殺した訳ではない)”であり、2019年8月に死亡した億万長者Jeffrey Epstein氏を指しているものと見られる。
参照元

23:24

Coinbase Cardが新たに10カ国で利用可能に

仮想通貨取引所CoinbaseのVisaデビットカードであるCoinbase Cardが、新たに10カ国でのサービスを開始したと発表した。新たに増えた10カ国は、ブルガリア、クロアチア、デンマーク、ハンガリー、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、ポーランド、ルーマニアとスウェーデンである。
参照元

23:24

Coinbase Cardが新たに5の通貨を追加

仮想通貨取引所CoinbaseのVisaデビットカードであるCoinbase Cardが新たにBAT(Basic Attention Token)、XLM(Stellar)、XRP(
Ripple)、ZRX(0x)、REP(Augur)の5つの通貨を追加し、これらの通貨による支払いができるようになったと発表した。
参照元

11:00

brave browser、バージョン1.0をローンチ

ユーザーのプライバシー保護やトークンを通した広告掲載者や広告を見たユーザーへの報酬、コンテンツ作成者への投げ銭などの機能を備えたbrave browserは、バージョン1.0をローンチしたことを発表した。
参照元

11:00

中国最大の保険会社のフィンテック部門、米国でIPO申請

中国の大手保険会社であるPing Anのフィンテックおよびブロックチェーン部門であるOneConnect Financial Technology はアメリカでIPOの申請を行なっていたことが明らかになった。同社は独自の貿易金融用コンソーシアムブロックチェーンであるFiMAXを展開している。
参照元

11:00

マイニング大手Canaan、IPOの詳細を発表

中国のマイニング大手のCanaanは米国で申請中のIPOの詳細について発表した。それによると一株あたり9ドルから11ドルの価格帯で1億ドルの調達を行うとしており、当初予定されていた調達額の4億ドルからはかなり減少した形になる。時価総額はおよそ16億ドルと評価されている。
参照元

11:00

ブロックチェーン調査会社Messari、400万ドル調達

ブロックチェーンの調査会社のMessari社がCoinbase Ventures、Blockchain CapitalなどのVCが主導する資金調達で400万ドルを調達したことを発表した。同社は市場動向やブロックチェーン上のデータに関する分析を行なっている。
参照元

11:00

Bitstamp、アジア太平洋地域への進出に意欲

ヨーロッパ地域の大手取引所のBitstampは、新たにJPMorgan Chaseなどでアジア太平洋地域の事業開発を勤めていたAndrew Leelarthaepin氏を雇用し、「アジア太平洋地域への積極的な進出」を図ると発表した。
参照元

11:00

TronのJustin Sun、一転してPoloniexへの投資認める

Tronの創設者であるJustin Sun氏は、これまで否定していた取引所のPoloniex買収に関わったことを一転して認める発言をライブ配信で行なったことが明らかになった。Poloniexは買収によるCircleからの独立後Tronを上場させている。
参照元

07:53

米から日へ牛肉輸出にブロックチェーン、UPSら

駐日米国大使館の支援のもと、運送大手のUPSとアグリテックのHerdXが提携し、米国カンザス州から日本に輸出される牛肉に対し、ブロックチェーンを用いて追跡ができるようにした。提携下で初めて輸出された牛肉は11月4日にカンザス州を出たのち、東京のステーキハウスで振舞われたという。
参照元

07:53

eToroXが新たに通貨・ペア追加

eToroのデジタル資産プラットフォームであるeToroXが、新たにトルコリラ、ポーランドズロチ、南アフリカランド、香港ドル、シンガポールドルの5つの法定通貨に加え、DashやUSDC、USDTを追加したほか、GoldXと
Bitcoinのペアも追加したと発表した。これで、取引可能な通貨は26となった。
参照元

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com