米CFTCの技術諮問委員会、仮想通貨の公開会議開催へ

米商品先物取引委員会(CFTC)が設立した技術諮問委員会(TAC)が、26日にパブリックミーティングを開催する予定が分かった。
会議のテーマは、
仮想通貨業界の自主規制機関、ステーブルコイン、カストディ、コンプライアンス、監査証跡、保険だ。発表では明らかにされていないが、TACの仮想通貨部門がプレセンを行うとみられる。
会議は一般公開され、CFTCのホームページではライブ放送されるという。
CFTCのコミッショナーBrian Quintenz氏はTACの後援者で、仮想通貨やブロックチェーンの問題に対し、率直な意見を述べる人物だ。2018年3月には、今回のような業界専門機関の働きかけを求めた。その際、「民間の仮想通貨監督団体は、政府の規制整備をサポートできるだろう」とも語っていた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/7564

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com