一月の中国ブロックチェーン企業登録数が700超、調達額などの詳細が明らかに

仮想通貨・ブロックチェーンデータ企業LongHashは、中国のブロックチェーン企業について統計情報を発表。ブロックチェーン企業の立地、設立年や調達額がグラフで確認できる。
今月(一月)だけで、新たに714社のブロックチェーン企業が登録されている。
1月26日現在で、中国で登録されているブロックチェーン企業の総数は7万9551社。そのうち現在業務を行っているのは、2万6086社と判明した。
2009年から17年にかけて、設立されたブロックチェーン企業の年間数はすべてその前年より緩やかに上昇、または、ほぼ同数だったものの、ICOバブルの盛んになった2018年に大幅に増加した。一方2019年は、2018年よりも約27%ほど減少した。
また、これまでに登録された企業のうち、5万7267社のブロックチェーン企業が法的地位を失ったか、ライセンスを取り消されているという。
2020年の残り11か月間、資金調達が安定しているかどうかは不明だ。しかし、習近平主席が推進する「国家的ブロックチェーン戦略」に置かれている中で、設立される平均月間ペースが1月と同じだと仮定すると、今年中国では、8565社の新しいブロックチェーン関連企業が登録されることになる試算だ。
地図によると、中国でブロックチェーン企業の数がもっとも多いのは、香港と国境を接する広東省で、企業数の28.5%を占めている。広東省はテクノロジー企業が多いことで知られる深セン(中国のシリコンバレーとも)が位置する行政区域でもある。
深セン市特別経済区は中国政府国務院が昨年8月に「デジタル通貨やモバイル決済などの革新的応用の研究」を支援すると発表した地域でもある。
さらに資金調達額については、中国のブロックチェーン企業の46%以上が登録資本金5000元(約7万9000円)以下の小額となっていることが分かる。
5万元(約80万円)以上を調達した企業は、わずか9.17%にとどまる。
中国政府が運営するメディア新華社と、金融情報プラットフォームRhino Dataの共同研究でも、ブロックチェーン分野への投資は2018年と比較して2019年に40%以上減少したと報告している。
ただ、2017年に行われた関連企業への投資168件から、2018年には604件以上と投資件数は急上昇しており、2019年には245件に下がったものの、2017年以前に比べれば増えていたことになる。
新華社によると2019年には、シリーズAラウンドのような初期段階の資金調達が43.3%を占めた。一方、2019年下半期には、戦略的投資やM&Aの割合も大幅に増加したという。ブロックチェーンに関連する企業投資の傾向が垣間見える。
参考:LongHash

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/7296

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com