ビットコイン(BTC)にマイナーの降伏サイン、売り圧力の低下を示唆|仮想通貨市況

30日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比+0.75%の7350ドル(80.3万円)に。
警戒されていたDeribitオプションカット後(27日20時頃)に一時下落する局面もあったが、7050ドルで下げ渋り、次の時間足でこれを帳消しにすると、その後上昇に転じた。
一方、50MAと日足雲下限で阻まれると、200ドル幅の下落に見舞われた。
引き続き、上は強い抵抗線のある7700〜7800ドル。下は底堅さを見せる7000ドルのレンジで推移する展開が予想されるが、抜けた場合は、騰勢・落勢が強まる可能性が高まる。
現在の行く手を阻む分厚い雲については、1月中旬頃に一目均衡表下限が心理的節目の7000ドル付近に移行する。ボックス相場が年明けまでもつれ込むとすれば、一つの焦点となり得るか。
海外投資家Jonny Moe(@JonnyMoeTrades)は、ダブルボトム、もしくは逆三尊でのネックラインを見ており、これをブレイクした場合は、反転シグナルとなり得る。それぞれの重要ラインは以下となる。
年明け後の40日間(2月上旬まで)のプライスアクションにも注目が集まっている。 過去の傾向では、2011年以降、同期間中に年初来高値、もしくは年初来安値を記録しているという。

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/6675

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com