中国のブロックチェーン関連企業OneConnect、米NY証券取引所に上場へ 米国でIPO実施

中国の大手保険企業平安保険の子会社で、ブロックチェーンやAIに関する事業を行う「OneConnect」は、今月13日にニューヨーク証券取引所に上場する予定であることがわかった。IPOの公募価格、資金調達目標を開示した。
SECへの書類によると、公募価格は一口12〜14ドルで、総額5億ドルの調達金額を目標とする。引受幹事団(アンダーライター)には、メガバングのゴールドマンサックスやJPモルガンが加わっている。
OneConnectは、IPOの株の売り出しで完売の見通しがたてば、企業価値は44〜52億ドルになると試算されるが、過去に日本のソフトバンクやSBIなどが出資して資金調達を行なった当時の試算価値は75億ドルであることから、企業価値が下がることも指摘されている。
本来、OneConnectは香港への上場を検討していたが、香港の民主主義デモが深刻化になっているため、最終的にニューヨーク証券取引所に上場する申請を行なった。
直近、複数の中国の仮想通貨・ブロックチェーン関連企業は海外でのIPOを行なっている。先月、中国の大手仮想通貨マイニングメーカーCanaanはナスダックへの上場を行なったばかりだ。ライバルのBitmain社も現在米上場に取り掛かっているという。
参考:SEC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5950

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com