bitFlyer、ビットコインゴールドに相当する日本円を付与 国内初事例に

仮想通貨取引所bitFlyerは3日、過去にBTCからハードフォークして誕生したビットコインゴールド(BTG)を日本円で付与することを発表した。
BTGに関する対応方針については、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)が2017年10月、顧客への事前の説明責任を果たす必要があるとしつつも、顧客に新通貨を付与するかは各社に対応を委ねると発表していた。
本リリースによると、BTGに相当する日本円の付与は、国内仮想通貨交換業者で初の事例になるという。
日本円での付与を決定したbitFlyerは、ハードフォーク時点(ブロック高:491,406ブロックのタイムスタンプ)で同取引所にBTCを預けていたユーザーを対象に、日本円で付与の対応をおこなう。
付与は対象者を分けて、2回実施(19年12月末、20年3月:予定)。付与対象となるには、指定日時までに本人確認の完了とトレードクラスへのアップグレード等の手続きが必要になるという。
12月の付与を受けたいユーザーは、ブロック高:491,406ブロックのタイムスタンプ時に、bitFlyerでBTCを預けていた対象ユーザーであることを確認の上、2019年12月13日(金)午後5時までに本人確認等(上述)を完了する必要がある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5926

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com