南アフリカ中央銀行、国外送金で仮想通貨利用も抑制 19年Q1に新規制導入

南アフリカ準備銀行(SARB; South African Reserve Bank:中央銀行)は、為替管理の迂回の目的で仮想通貨(暗号資産)が利用されることを防ぐため、新しい規制を来年第一四半期から導入する。2日、BUSINESS REPORTが報じた。
南アフリカは、為替管理によって、個人や企業が国外送金できる金額に制限を設けている。申告なしの送金では100万ランド(約750万円)、申告ありで1000万ランド(約7500万円)が上限となっており、ランドの価値低下から資産を守りたい富裕層に仮想通貨は人気の手段であったという。
今回の規制は、ボーダーレスの特性を利用した仮想通貨への資産逃避を防ぐ目的もあると指摘される。
南アフリカ最大のブロックチェーンコミュニティであるSA Cryptoは声明で、「保守的な規制は南アフリカのイノベーションを妨げるだけでなく、同国への投資をも妨げる」と述べた。
南アフリカ銀行大手のファースト・ナショナル・バンク(FNB)はこれに先駆けて仮想通貨企業への締め付けを強化しており、先週は仮想通貨を扱う企業のすべての銀行口座を閉鎖した。FNBは「特に適切な規制の枠組みがまだ整備されていないことを踏まえ、仮想通貨関連企業にある潜在的なリスクを包括的に検討した上で、これは賢明な行動であると考えている」と声明で述べている。
これに対し南アフリカ最大の暗号通貨取引所の1つであるAltCoinTraderの最高経営責任者であるRichard de Sousa氏は以下のように不満を述べている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5898

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com