80年代の人気ゲームをブロックチェーンで復活 マイクロソフトなど3社、VeChainを利用で

1980年代のゲームブックが、ブロックチェーンで復活する。
マイクロソフト、大手ゲーム開発会社Eidosおよびゲームブック会社Fabled Landsが、1980年代のベストセラーゲームブックに基づいたブロックチェーンカードゲームを共同で開発していることが1日、発表された。このゲームでは非代替トークン(NFT)をVe Chain上で発行する予定だ。
1日に発表されたプレスリリースによると、1980年代のゲームブック(読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作られた本)シリーズ「The Way of the Tiger」に基づいて作られ、新しいタイトルは「Arena of Death(死のアリーナ)」となる予定だ。
このゲームではゲーム内アセットの所有権をプレイヤーに与えるために、企業向けサプライチェーン管理ブロックチェーンであるVe Chainで非代替トークン(NFT)を発行予定だ。国産ブロックチェーンゲームで有名な「My Crypto Heroes」や最近取引高が急増している「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェイン)」、ブロックチェーンゲームの先駆けとなった「CryptoKitties」などはいずれもイーサリアムを利用してNFT発行を行っている。
「The Way of the Tiger」の著者でありFabled Landsの最高経営責任者でもあるJamie Thomson氏は以下のように述べている。
最近ではブロックチェーンカードゲーム「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェイン)」の1ヶ月間のオンチェーン取引数がCryptoKittiesの記録を超えるなどゲーム内アセットのトークン化は成長傾向にあるようだ。
関連:大型ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」、dAppsゲーム史上最高取引数を記録

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5895

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com