中国Alipay、アラブの決済企業とブロックチェーンベースの国際送金プロジェクト立ち上げ

アラブ首長国連邦の決済プラットフォーム企業Finablrが中国の大手決済アプリAlipayと提携、共同事業としてブロックチェーンベースの国際送金プロジェクトを立ち上げる。プレスリリースを公開した。
「今回の提携では、AntFinancial(Alipayの運営企業)の送金システムにFinablrのプラットフォームが統合された。今後AlipayのグローバルEウォレットパートナー企業を含む送金ネットワークへの拡大を検討している」と説明された。
これら2社は送金領域でサービスを提供している企業でもある。Finablrは170ヶ国で計2500万人のユーザーに送金サービスを提供、Alipayは各国のEウォレット事業社と連携し、約12億もの利用者にサービスの提供を行なっている。
また、Alipayは独自のブロックチェーン技術を有しており、AliPayHK(香港)とフィリピンGlobe Telecomのグループ会社が運営するモバイルウォレットアプリ、GCash間で同技術を利用したリアルタイム送金を開始している。
FinablrはRippleNetの参加企業で、リップルの送金技術を利用している。今回の提携内容では、RippleNetに関連した動きかは明らかにされていない。
参考:Finablr発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5815

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com