仮想通貨XRP利用のODLで狙う市場は「2兆ドル規模」 リップルCEOが明かす戦略

Ripple社のブラッド・ガーリングハウスCEOが、ODL(旧xRapid)は従来のコレルス銀行システムに変わるものになると言及、狙う市場規模として2兆ドルを目指していることがわかった。Ripple社が仮想通貨XRPの採用を積極的に推進していることも強調した。(jaykimshowのポッドキャストに出演)
ガーリングハウスCEOは、従来のコルレス銀行システムがすでに厄介なものであり、送金市場では時代遅れになりつつあると指摘、XRPを利用するODLがそれに取って代わるために設計されたものと説明した。
その上で、ODLは今後数年で、2兆ドル規模の送金システムの代わりに、銀行等金融機関がXRPを利用することを目指している事を明かした。現在、世界のノストロ口座には10兆ドルが存在するが、そのうちの2兆ドル分を狙っているという。
一例として、ODLを利用している米大手送金企業マネーグラムは、同社すべての送金高の10%を占める米ドルとメキシコペソの送金をODLを介して行なっている。
Garlinghouse氏は、マネーグラムの早期導入が、XRPベースの金融システム構築の始まりと考えているという。
なお、グローバル運営責任者Eric van Miltenburg氏も、ロードマップでは他の国もODLの対応計画に入っていることを明かしている。
ODL関連の最新の動向では、オーストラリアとタイの2ヶ国も対象になることが新たにわかっているほか、イギリスの決済企業TransferGoは、ODLを新たに導入、2020年までに実現を目指すと発表している。インド人を主要顧客とするTransferGoはXRPを利用し、英ポンドからインドルピーへの送金ルートを開通を目指すことになる。
参考:The Jay Kim Show

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5755

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com