中国大手アリババの決済部門、企業向けブロックチェーンの実証実験を開始

中国Eコマース大手Alibabaの支払い部門を担うAnt Financial社が、国際決済領域の企業向けブロックチェーンプラットフォームのテストを開始したことが分かった。現地メディアSina Financeが報じた。
本内容は、中国の烏鎮で先週開催されたブロックチェーンカンファレンスで、Ant Financial社で技術と事業革新を担当するシニアディレクターJieli Li氏が発表たプロジェクトに関するものだ。
プラットフォームは「Ant Blockchain Open Alliance」という名称で、3カ月のテスト運用を行なったのち、2020年2月のローンチを予定する。
利用対象は中小企業で、コスト削減や事業拡大をサポートするという。
Li氏は、信頼できるネットワークを構築するため、本ブロックチェーンネットワークのノードの選出は慎重に行うと述べている。
合意形成をただ行うだけでなく、権威ある承認を提供してもらう必要があるため、教育機関や認証機関が望ましいと説明。運用する業界から選ぶというが、まだ企業名は明らかにされていない。
中国では、現在ブロックチェーン技術への関心が非常に高まっている。Li氏もその熱意を感じているという。
先月25日に習近平国家主席がブロックチェーン活用の推進を発表したことから始まった中国の活発な動きは現在でも継続中だ。最近では国営通信社である新華社(しんかしゃ)が、「ビットコインはブロックチェーン技術で最初に成功したアプリケーション」と報じたことが明らかになった。中国国内で、仮想通貨に関する報道方針にも変化が生じている。
関連:中国国営新聞社『ビットコインはブロックチェーン最初の成功事例』
参考資料 : Sina Finance

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/5128

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com