ベトナムの仮想通貨取引所がハッキング被害 今年で7度目の流出事件に

ベトナムに拠点を置く小規模の仮想通貨取引所VinDAXがハッキング被害を受け、50万ドルの価値に相当する仮想通貨が流出。TheBlockの入手した情報で判明。
VinDAXの公式テレグラムチャンネルのアドミン「@VinDAXSupport」は金曜日にThe Blockに対し、同取引所がハッキング被害に遭い、50万ドル分の仮想通貨が失われたことを認めた。三日前への出来事だったと述べている。
同事件を知るある人物はThe Blockに、VinDAXが23銘柄の仮想通貨資産が失われたことを明かしている。アドミンはそれ以上の情報公開は拒否したものの、この攻撃から完全に復旧したとしている。ただその詳細は開示されていない。
VinDAXはローンチパッド・プラットフォームを利用し、あまり知られていないプロジェクトのトークンセールを実施していた。現在、ブロックチェーン・プロジェクトMyFieが同プラットフォーム上でトークンセールを行っており、今後さらに5つのトークンセールの実施を予定しているという。
特筆すべき点として、ウェブ分析企業SimilarWebによれば、VinDAXに先月39万人が訪れており、そのうちの大半(65%以上)がインドからとなっている。
The Blockは、VinDAXはハッキング被害に遭ったトークンのプロジェクトに対し、資金の調達を求める電子メールを送付していることも突き止めた。そのうちの一つのメールには以下のように綴っている。
VinDAXのハッキングにより今年で7回目(知られている)のハッキング事件となり、TheBlockのリサーチでは、仮想通貨取引所から流出した総額は今日までに、13.9億ドル程度となっている。
なお今年だけでも、その被害額は1億ドルとなっている。
関連:証拠見せずハッキング被害訴えるブラジルの仮想通貨取引所、CEOがBTC大量保有か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/4923

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com