ツイッター社CEOら 仮想通貨取引所の設立を計画する企業に11億円出資

トークンセールプラットフォームを提供するCoinListは、ツイッター社CEOのJack Dorsey氏からの出資を含め、1000万ドル(約10億9000万円)の資金調達に成功した。
ウォールストリートジャーナルの30日の報道によると、今回の資金調達ラウンドはベンチャー企業のPolychain Capitalが主導した。新たな資金は、CoinListが計画している
仮想通貨取引所「CoinList Trade」の設立や仮想通貨ウォレットの開発等に使われる。
熱烈なビットコイン(BTC)支持者と知られるDorsey氏は今回の出資について、「
仮想通貨の新たなプロジェクトを行うには、信頼できるプラットフォームが必要だ。CoinListは業界をリードする企業だから、次にトレーディングの場を提供するのは当然の流れだと思う」と語っている。
Dorsey氏は決済企業Square社のCEOも務めており、今年に入り仮想通貨部門として「Square Crypto」を立ち上げた。「Square Crypto」は、ビットコインが世界中で日常的に使用されるようになることを目的にしているという。
関連:Square Crypto、Googleやリブラから3名の主要デベロッパー獲得
CoinListの共同設立者でトップを務めるAndy Bromberg氏は最近、TheBlockのポッドキャスト「The Scoop」に出演し、「今はそれほど注目されていないが、今後より多くの伝統的資産がトークン化されるだろう」と語った。

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com