中国共産党に特化したブロックチェーンアプリ第一弾が登場 習主席の発言に続く

中国共産党の教育コンテンツに特化したブロックチェーンアプリ「党建雲」がリリースされた。中国情勢通の仮想通貨ファンドマネージャーDovey Wan氏がSNSに投稿したことで判明した。
このアプリは、中国の共産党に関するデータや中国中央政府の方針・政策および政治的コンテンツを宣伝・教育するためのものに該当する。なお、共産党員が交流するプラットフォームでもあり、各自の「初心」をブロックチェーンに書き込むこともできるという。
ブロックチェーン技術を提供する企業は、中国政府に認定されたブロックチェーン企業「領主科技」である。
このアプリのリリースは、昨日習近平国家主席が、党の中央委員会の政治局との会議でブロックチェーンに関する戦略的発言を行なった直後の動きになった。
習主席は、「中国にはすでにブロックチェーン技術を開発するための強固な基盤があるため、ブロックチェーン技術を用いた新たな分野で主導的な国際地位を確保できるよう、同産業を牽引することが必要」との国家方針を表明した。
アプリがリリースされた速度から、中国政府はすでに実行可能なブロックチェーンユースケースを有していると考えられる。なお今後、国間の「ブロックチェーン競争」が激しくなると見られる。
習主席の発言を受け、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体市場は大幅に反発し、BTCは一時的に1万ドルを超えていた。現在、9,600ドル台を推移中。
相場反騰を喜ぶ業界の有識者やトレーダーたちは習主席の発言に好感を示し、「真の仮想通貨の父」や「ありがとう中国」など、高揚感を帯びたメッセージをSNSに投稿していた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/4229

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com