中国交通機関の「ブロックチェーン領収書」をバイナンスCZ氏が披露

最大手仮想通貨取引所バイナンスのCZ氏は、中国深セン市の地下鉄切符代の電子領収書がブロックチェーンに記載されている画像を投稿した。
CZ氏は、中国の最大手決済アプリWeChat Payを利用しチケットを購入した。「ブロックチェーン電子領収書」と表示されている。
中国事情通のDovey Wan氏は、CZ氏の投稿について、「1年以上前に導入し、現在実稼働している。ブロックチェーン領収書は、WeChatと財務省、税務局との連携による公共事業だ。」と説明している。
WeChat Payで利用しているブロックチェーンの名前は不明だが、WeChat独自のものの可能性もあると見られる。
今年3月、中国ローカルの経済新聞社「Securities Daily」は、深セン地下鉄フーティエン(福田)駅にて、中国初となるブロックチェーン利用の地下鉄電子請求書が発行されることを報じた。当時の報道では、WeChatベースのブロックチェーン・インボイス・イニシアチブ上で構築されたシステムだった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/4197

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com