勝算あり? ゴールド業界のベテラン、新たなビットコインETFの届出書を米SECに提出

新たなビットコインETFに申請が行なわれていることがわかった。
金(ゴールド)業界の市場開発企業「World Gold Council」のトップと、金投資企業「SPDR Gold Shares」でポートフォリオマネージャーの経験を持つJason Toussaint氏が、新たなビットコインETF(BTCの上場投資信託)の有価証券届出書を、米証券取引委員会(SEC)に提出した。
ビットコインETFの申請の現状は厳しく時間はかかる可能性もあるとしつつも、その分勝算もあるとしている。
今回のビットコインETFは、資産運用企業「Kryptoin Investment Advisors」も協力。完成まで2年かかったという本商品は「Kryptoin Bitcoin ETF Trust」という名称で、上場先の取引所は米NY証券取引所傘下のNYSE Arcaだ。
Toussaint氏は、米ウォール街のメガバンク「モルガン・スタンレー」で幹部を務めたことがあり、米最大手銀行JPモルガンでポートフォリオマネジャーも経験した金融のスペシャリストでもある。
このETFは、ビットコインの実際の市場価格を反映させるため、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン参考基準レート(BRR)を活用する。運用報酬額は明かされていないが、
ETFの設定や交換、運用報酬の計算はビットコインの現物で行われるという。
ビットコインETFの承認は期間も長期化して苦戦することが予想されるが、Toussaint氏は仮想通貨メディアCoinDeskのインタビューに対し、以下のように話している。
ビットコインETFついては、最有力とされていたVanEck社が9月に申請を取り下げ、今月Bitwise社が非承認と判断されたが、現状Wilshire Phoenix社のビットコインETFの申請がまだ残っている。これまでの単一指数に連動するものとは異なり米国債を含めたバスケット型ETFで、現在SECが審査中の状態だ。Bitwise社のビットコインETFが非承認と判断された理由は、概ね市場操縦と監査問題にある。
関連:ビットコインETF非承認の真の理由とは
Toussaint氏は、今回の申請に時間がかかることは承知している。しかし、
ビットコイン先物市場が成熟してきていることで、規制当局もビットコインETFに対して肯定的な姿勢に転じるのではないかと期待していると語った。
参考資料 : SEC

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com