英中銀 仮想通貨リブラの取扱に係る「特別ルール」を公表

英国の中央銀行「イングランド銀行」の金融政策委員会は、フェイスブック社主導の仮想通貨リブラが同国でローンチする際に遵守しなければならない「特別なルール」を発表した。新たな金融レポートにリブラの事項が含まれていることで明らかになった。
特別条項で、「リブラは重要な決済システムになり得るため、最も水準の高い規制と監督下に置かれる必要がある。」と記載。「リブラはローンチする前にすべての規制準拠を満たさなければならない。」と明確にした。
具体的な監督水準のベースになる原則は、こちらの3つの要点に該当する。
ブレジックトの行先が不透明な状況や国際貿易摩擦に直面するイギリスは金融体制を保全する為に、リブラがもたらす新たな決済システムに向けて上記の原則をもち、リブラ協会から情報の提供やリスク管理と対策を求めている。
イングランド銀行はスイス政府と同様で、リブラを排除する姿勢ではなく、高い規制水準を踏まえた前でイノベーションを迎えようとしているが、ドイツやフランス政府は「通貨主権」を奪われる恐れがあるとしてそのローンチを阻止しようとしている。
関連:米アップルCEOが独自仮想通貨の発行を否定「通貨主権は国にあるべき」
参考:BoE

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com