「まさに赤い月」BTCとアルトコインの最新市場分析=Binanceリサーチ

9月中、大きな変動もなくほぼ横ばいだった仮想通貨相場は、9月24日に急落し、その後は低迷が続いている。
一方、業界ではいくつかの新たなデリバティブプラットフォームのローンチが行われ、取引方法の発展した月となった。
分散型金融プロトコルの急速な成長に伴い、価格オラクル(データフィードシステム)が脚光を浴びた。
9月29日時点の主要通貨の時価総額
Tronと BitTorrent (BTT)ならびにWINk (WIN)の取引ペアがアルトコイン市場に追加。
9月からマージン取引可能となった新しい取引ペア
9月から、下記の資産の貸出サブスクリプション提供が開始された。
バイナンス・トレーディングは、9月の仮想通貨市場を「大量殺人」が起こったように「赤」に染まった月だと表現している。
6月以来、10000ドルを超えていたビットコイン価格は8000ドルに急落したものの、アルトコインは比較的良く持ちこたえ、ビットコインのドミナンスは、月初の71%から現在68%近辺で落ち着いている。
過去のビットコイン急落のケースでは、アルトコイン価格の下落率がビットコインを上回ることが多々あったものの、今回は、ビットコインに対し利益を出す一部のアルトコインも見受けられた。 その理由として、アルトコインとステーブルコインの取引ペアが増加したことが考えられるという。
また、バイナンス・トレーディングは、仮想通貨市場に機関投資家を呼び込む重要なきっかけとなると期待された、Bakkt取引開始後の不振が、ビットコイン急落の要因となったと主張している。
これは、典型的な「噂で買って、ニュース(事実)で売る」現象の一つだろうとしながらも、 CMEの先物取引も好調な滑り出しではなかったが、その後の取引高が増加したように、Bakktも将来同じような展開もあり得ると付け加えた。
9月のOTC取引は、ここ何ヶ月かに比べ、主に売りの流れが強かったという。 多くのトレーダーが、9月中を通してアルトコインのポジションを解消。ビットコイン価格が10000ドル前後で推移した時には、ビットコインのポジションも解消する動きが加速したと伝えた。 ビットコインが8000ドルに下落しても、「底で買う」ことを望むトレーダーは多くはなく、10000ドルのレンジに戻すのか、さらに下落するのかを見極めようとする様子見の状況のようだと、分析している。
また、アルトコインが ここ数ヶ月で初めて勢いを盛り返しているため、ビットコインのドミナンスに関しては注意深く見守る必要があると結んでいる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/3215

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com