BTCドミナンスが68%、アルトコインは続伸するか=米ブルームバーグ誌

イーサリアム(ETH)が主導した先週の主要アルトコインの反騰を経て、継続していたビットコイン(₿)一辺倒の相場には投資家の資金流入の変化は見られた。
71%を超えたビットコインのドミナンスは一時的に約67%まで低下、現在68.2%にとどまる。
関連:ビットコイン(BTC)反騰要因に「アルゼンチン・プレミアム」イーサリアム市場も影響か
イーサリアムなどの主要銘柄の続伸は21日より止まっているが、米有力紙ブルームバーグでは先週のアルトコイン反騰相場を受け、今後のアルト相場の継続的上昇を見込んでいる。
ブルームバーグによると、日足の相場では、ETHはこれまで平日10日の6割、12回の週末の7割の割合で、BTCのパフォーマンスを超えていた。XRPのほうでも、過去11日の6割でBTCの上げ幅を圧倒した。
JSTキャピタルの創設者は、「アルトコインは継続してBTCを追いかけるだろう。」と見込み、「一部のアルトコインプロジェクトの技術がすでに採用されているため、提供する価値は広範囲で認識されている。」とコメントした。
なお、CryptoBriefingのCEOを務めるHan Kao氏はビットコインのドミナンスについて、このように語った。
先日の反騰で「アルトバブルの再来」と見ている投資家もいるが、大手オンライントレーディングプラットフォーム「eToro」のシニアアナリストのGreenspan氏は、「アルト季節」と呼ぶ時期にはなっておらず、もう少し時間がかかりそうだとコメントした。
参考:ブルームバーグ

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com