「BitwiseはビットコインETF申請を継続する」最高執行責任者が意志表明

米仮想通貨投資運用会社Bitwise Asset Managementは、NYSE Arcaに上場を予定しているビットコインETFの申請を、今後も継続していくことを表明した。
これは、シカゴ・オプション取引所(Cboe)に上場を予定するVanEck版ビットコインETFが、米国証券取引委員会(SEC)への申請を取り下げられたことに対するBitwiseの意志表明である。
関連:VanEck社がビットコインETFの申請を取り下げ
VanEck版は今年1月に続き、今月2度目の取り下げとなったが、VanEck社のデジタル資産部門のディレクターであるGabor Gurbacs氏は、ETFの提供が最優先事項であることに変わりないと説明し、今後もETFの承認に向けた取り組みを継続する意志を示した。
Bitwise版のETFは、VanEck版と同様に承認期限が3回延期されており、その最終判断は10月13日に迫っている。
BitwiseのCOOであるTeddy Fusaro氏は、「歴史的にみても、新しいETF商品が承認されるまでには長い年月を要するものだ。(その間にも、申請取り下げは往々にして起こり得る)」と述べた上で、同社の意向について以下のように語っている。
参考資料 : The Block

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com