XRPのATM導入へ繋がるか リップル社投資部門、仮想通貨ATM最大手に150万ドルの出資

リップル社の投資部門Xpringは、世界最大の仮想通貨ATMネットワークを提供するCoinmeの資金調達ラウンドで、出資を行なったことを発表した。出資額は150万ドル(約1億6千万円)で、Coinmeは今回調達した資金は、
仮想通貨ATMの国際普及に必要な追加ライセンス取得費に充てるとしている。,Coinmeは、米国で最初の仮想通貨ATMの1つを立ち上げた企業である。今年1月には、硬貨を紙幣へ両替する自動販売機を、食料品店や小売店など世界で約2万台を展開する企業Coinstarと提携し、その販売機でビットコインを購入できるようにするサービスを開始していた。,Xpringは、Coinmeの仮想通貨の一般普及を促す動きが同社の掲げる使命と一致するとしており、出資を決定した理由にあると明かした。なお、Xpring社が仮想通貨ATM関連企業へ出資事例は今回が初である。Coinmeの提供するATMでの
XRP取り扱いにも期待ができる動きとなりそうだ。,仮想通貨ATMの魅力の1つとして挙げられるのが、
KYCなどの登録プロセスを必要とせずに即時に現金で仮想通貨を売買できるなどの利便性である。,Coinmeの共同設立者兼CEOであるNeil Bergquist氏は、国際市場の中でも仮想通貨人気の高いヨーロッパや中南米を今後のターゲットにしていくと語っている。仮想通貨ATMの普及にも、エコシステム拡大のための1つの要素として今後も注目していきたい。,
画像はShutterstockのライセンス許諾により使用,

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/2316

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com