テザー社の3億USDT新規発行を巡る「矛盾」|チェーンスワップ後のバーン確認できず

米ドルステーブルコイン「USDT」などを発行するテザー社が、3億USTD分のテザー発行が大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」で明らかになった。,本ツイートの報告から、今回の発行はビットコインベースのOMNIネットワークからイーサリアムブロックチェーンへのスワップ(移行)の一環だということが判明しているが、移行後にOMNIネットワーク上のトークンがBURN(消滅)されていない可能性が指摘されている。,一部のUSDTをイーサリアムブロックチェーン上に移行する旨は、テザー社からも公表された事実で、本プロセスにおけるUSDTの供給量の変更ないと説明。,一方、「Whale Alert」など資金の動向を調査するシステムは、移行されたことで消滅するはずのオムニブロックチェーン上のUSDTがそのまま残っている可能性を指摘。主張に矛盾が生じている。,イーサリアム上で新規発行されたUSDTは、テザートレジュリーからBinanceに送金された形跡も確認されている。,
画像はShutterstockのライセンス許諾により使用,

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/2276

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com