日足ペナント終局に向け嵐の前の静けさのビットコイン(BTC)、テザー裁判の行方にも注目|仮想通貨市況

仮想通貨ビットコイン(BTC)価格は、4,5日の反落局面における下落幅が市場予想に反して限定的で、6日現在は再び直近高値圏を推移している。,5日には、香港行政長官が「逃亡犯条例改正案」の正式撤回を表明したことを受け、NYダウが前日比237円高に。 「逃亡犯条例改正案」は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする法案で、人権や財産が脅かされるとみた香港市民がこれに猛反発。空港封鎖など大規模デモの要因となっていた。,英下院は4日夜、EU離脱期限を来月末に控え、離脱期限を来年1月末まで延期するよう求める法案を可決した。これにより、「合意なき離脱」のリスクが後退したとして、英ポンドが上昇。合意なき離脱が回避されるとの期待が高まった。,外国為替や株式市場でリスクオフムードが緩和される中、仮想通貨市場では「テザー裁判」の行方に注目が集まっている。,ニューヨーク司法当局(NYAG)が、捜査中の「Bitfinex社による8.5億ドルの準備金不正利用の疑惑」については、「テザー社が資産凍結によって裏付け資金にアクセスができなくも、USDTの価格が依然として1 ドルで安定しているのは、ユーザーがその価値を信じているからだ。」とのコメントを行なった。,テザー裁判では先月、テザー社がニューヨーク裁判所の「NYAGに管轄権あり」との判断に対して、控訴する姿勢を示したが、行き先は不明瞭なままだ。,同裁判は、USDTを利用した不正操作なども市場の注目ポイントとして、情報開示によって不正が暴かれる懸念を、市場は警戒している。今後、裁判官の判断が覆るか、市場の重要なターニングポイントとなるとの見方は強い。,テザーに関しては、度々大量発行されるタイミングでビットコイン(BTC)市場に影響を及ぼすこいとから「相場操縦」疑惑がつきまとってきた。また、中国や香港の地政学リスク上昇に伴い、チャイナマネーの流入経路としても指摘されている。,ビットコイン(BTC)は10600ドル台、日本円で113万円台(前日比1%高)で推移。下落幅も限定的で、反発の強さも見せている。 抵抗線の強い10900〜11000ドルを抜けられるかどうかが現在の焦点となっている。(下図:BitMEX ),118〜120万円台は、今年6月以降の乱高下で繰り返し意識されてきた”厚い抵抗線”が控えている。,bitFlyerのプラス乖離が4.0以上まで進行している点も気がかりではあるが、①を明確に抜けて来るようなことがあれば買いが勢い付く可能性もある。依然として急落リスクも低くないものと思われるが、このまま続伸すれば前月最高値の130万円や、今後6月末に付けた年初来高値の149万円を目指す展開も見えてくるかもしれない。(下図:bitFlyer),一方、118〜120万円台で跳ね返され長い上髭を付けた場合、目先天井として売りが勢い付く可能性もあるため注意したい。,世界最大のデリバティブ仮想通貨取引所、BitMEXにおけるOI(未決済建玉)も増加傾向にあり、ボラティリティ急上昇への警戒感も高まっている。

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com