「USDTの裏付け資産の有無は関係ない」テザー裁判控える中、創業者が発言

テザー社発行する米ドルにペッグするステーブルコイン「USDT」に裏付け資産を巡る問題で、同社共同創設者が「
完全な裏付けの有無はもはや関係が無い」と発言したことがわかった。,共同創設者のWilliam Quigley氏はブルームバーグの取材に対して、「
テザーUSDTが米ドルに裏付けられているかどうかは重要なところではない。重要なのは、USDTが「1 ドル」に値するというユーザーからの信頼だ。」と発言した。,基本的に価値を紐付けにくい仮想通貨において安定した価格を維持するステーブルコインは、法定通貨や裏付け資産をペッグすることで価値を担保してきたが、それらの仕組みに疑問符を投げかける発言になり得る。世界各国の法定通貨と同様に、「信頼」を価値の裏付けになるとする発言が発行企業側から出たことに、問題視する見方がでる可能性もある。,また、ニューヨーク司法当局(NYAG)が現在捜査を行なっている「Bitfinex社による8.5億ドルの準備金不正利用の疑惑」については、「テザー社が資産凍結によって裏付け資金にアクセスができなくも、USDTの価格が依然として1 ドルで安定しているのは、ユーザーがその価値を信じているからだ。」とのコメントを行なった。,テザー裁判では先月、テザー社がニューヨーク裁判所の「NYAGに管轄権あり」との判断に対して、控訴する姿勢を示したが、行き先は不明瞭なままだ。,同裁判は、USDTを利用した不正操作なども市場の注目ポイントとしてt、情報開示によって不正が暴かれる懸念を、市場は警戒している。今後、裁判官の判断が覆るか、市場の重要なターニングポイントとなるとの見方は強い。,関連:テザー社がNY裁判所の判断に声明文,参考:ブルームバーグ取材

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com