「次のアルトバブルは、新種コインが主導する」海外アナリストの見立て

ドミナンス(市場占有率)が70.7%に達するなど、ビットコイン(BTC)の独走態勢が続く昨今。,2017年の”アルトコインバブル”の再来も個人投資家を中心に待ち望まれている。しかし、既存の主要アルトコインにおいて、当時のような指数関数的な上昇は二度と再現されないと指摘するマーケットアナリストも少なくない。,たとえば、人気アナリスト「The Crypto Monk」は、直近のアルトコイン市場を分析し、以前のようなBTC建の史上最高値までは回復できないと見込む。,同氏は、「出来高上昇に伴い、現在値から2倍ほどの上昇は可能に見えるが、このままだと多くのアルトコインが淘汰されることは避けられない。」と指摘。「ビットコイン主導の相場では、ポートフォリオの大半をアルトコインで構成することはオススメできない。」と忠告している。,なお、海外の人気アナリストJosh Rager氏は、既存のブロックチェーンプロジェクトが発行したアルトコインブームはすでに過ぎ去って(手垢が付いて)おり、次なるアルトコインバブルがあるとすれば、未上場の”新しいテック”のアルトコインとなるのではないか。」と見解を述べた。,Rager氏は、「私自身、既存の主要アルトではなく、時価総額200位以下の小型銘柄をポートフォリオに組み込んでいきたい」と明かした。,参考:The Crypto Monk,参考:Josh Rager

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com