北朝鮮、20億ドル仮想通貨ハッキングの国連報告を全面否定

北朝鮮は、国連安保理による「仮想通貨取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」指摘を全面的に否定している。,北朝鮮政府は1日に、国営メディアKCNAを通じて否定する声明を行なった。声明によると、「米国などの敵対勢力による捏造は北朝鮮のイメージを損ない、さらなる経済制裁を正当化するものにすぎない。」,8月に、国連(UN)の専門家は、北朝鮮が複数国の仮想通貨取引所などに侵入し推定20億ドルの資金を集めた手口に関する詳細なレポートを公開した。中には、韓国の大手取引所Bithumbは、少なくとも4回の攻撃を受けており、累積損失は5000万ドル(約55億円)を超えた指摘もあった。,なお、それら不正に集めた資金は、「核開発プログラム」に充当していたことも報告された。,関連
国連安保理報告書,参考資料:
北朝鮮国営メデイア声明,
画像はShutterstockのライセンス許諾により使用,

転載する場合は、出典を明記してください: http://www.uufin.jp/archives/1697

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com