IOTAとジャガーが自動車エネルギーの追跡実証を実施予定

仮想通貨IOTA(MIOTA) を発行するIOTA財団は、英自動車メーカー大手ジャガーランドローバーと共同で、自動車エネルギーの追跡における概念実証(PoC)を行うことを発表した。ジャガーランドローバーに加えて、仏エネルギー研究開発機関のEngie Lab Crigenと提携して実施される。,IOTA財団によると、今回のデモンストレーションは、ジャガー社の高級EV(電気自動車)「I-Pace」における、
エネルギー使用量や持続可能エネルギーのトレーサビリティ(追跡可能性)を示すことを目的にしているという。ノルウェー・トロンハイムの発電所ビルで行われる予定だ。,再生可能エネルギーの出処までを追跡することは困難であるとされているが、IOTAの分散台帳技術(DLT)「Tangle」を用いることでそれが可能になるという。,ジャガー社のエンジニアリングチームのマネージャーを務めるRussell Vickers氏は、今回のデモンストレーションがエネルギーに配慮したスマートシティ実現に向けたものであるとして、次のように述べている。,また、今回の発表によると、I-Paceにはエネルギー充電に使用できるIOTAのスマートウォレットが搭載されているという。,それによって、道路上の穴や、天気、交通情報に関連するデータを共有することでユーザーはIOTAを獲得できるようになるとしている。その獲得したIOTAを、通行料や駐車料、充電などの支払いサービスにも使用できるという。,参考:
IOTA財団の公式発表,
画像はShutterstockのライセンス許諾により使用,

この記事のソースは

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com